№ 3894 霊感が目覚めた時の苦しみ

  • HOME
  • ブログ
  • № 3894 霊感が目覚めた時の苦しみ

お元気ですかスピリチュアルカウンセラー久美子です。

 

一言では語れない、あの日の出来事は私の家族を驚かせ、

私は自分の命を守るために、心の中で聴こえる悪の言葉と

必死になって闘っていました。

 

悪の声は決して私の心を安らぐ言葉は発しません。

私の存在が憎いとか、私を主が創った事で悪霊たちの

悪しき行いがばれたとか。

本当に辛いことだらけでした。

 

此処で私を助けてくれるものなど誰もいない!そう私は

思いながら、数日誰にも気づかれないように闘った。

やがて私は生痕尽きて死を覚悟しました。

 

仰向けに身体を休ませ、私は幼い時に記憶した教会で学んだ

言葉を思い出し、「天にまします我らの父よ、久美子を守り給え

導き給え」と、そう言って静かに目を閉じた。

 

すると、愛する久美子イエス、愛する久美子マリア、私だよ

パパだよ、と聴こえた。

そして、「今、死んではならない。まだ仕事が残っているんだ。

何のために生まれてきたんだい。」そう言いながら天井に光が

見えるであろう。

その光を口を少し開けて吸い込むと良い。」と聴こえた。

私はこの声は信じても良いかなと思いながら静かに目を開けると、

天井に光り輝く拳ぐらいの光がゆらゆらと見える。

その光を言われたように口を少しあけて吸い込んだ。

 

そして私の体はとても暖かくなり、まるで生まれ変わったような

気持ちになった。

その後は、天の姿が脳裏に浮かび、まるで今天上界に戻った感じが

しました。

苦しかった心と身体はまるで嘘のように軽くなり、心の箱舟として

天上界の家族と共に、今のお仕事が出来ています。♥

御予約・お問い合わせ

御予約は御予約専用ダイヤルを御利用ください。
080-1739-0331
※スカイプでの相談を御希望の方は、御予約の際にIDをお知らせいたします。

予約受付時間:10:00~19:00

また御質問などは、お問い合わせフォームからも承っております。
お電話で御予約をいただいた方のみ、
お問い合わせ可能です。

お問い合わせフォーム