№3830忘れていた心の傷あと

お元気ですかスピリチュアルカウンセラー久美子です。

 

何時も笑顔で生きている私にも、幼かった時の心の傷がある。

カウンセラーとしての道のりの中で、私よりも不幸に生きた

人との出会いで、私の方がまだ幸だったかも知れないと

思う時もあった。でも、どうしても未だに癒されない傷は、

亡き母の悲しくも短い命!思春期に母の死を父に知らされ、

その直後から、私は義理の母を心の底から赦すことが出来ず、

実家から離れた青春時代がある。其れでも義理の母から

生まれた弟は憎めず、実の妹以上に愛し尽くしてきた。

 

毎年10月になると、6歳で天に祝福された実の弟と、母の命日を

静かに祈る私の人生のイベントがあります。

 

なのに、先日、日頃殆どラインなど届かない弟の妻からラインが

来た。(今日は義理の母の命日だ)と!彼女は私達姉妹が

どんな家庭環境で、傷つきながら生きて来たのかを知らないから

いや、知ろうともしないから、ラインを届けたのだろう。

 

心の箱舟は囁いた!久美子の母は生みの母以外誰も居ないと。

私の母を苦しめた人、父を誘惑した人、そしてその犠牲となった

姉妹が3人いた事、母の悲しみは癒えず、我が子の名前を最期に

口にして息を引き取ったと、ある人に聞かされた光景が今も

脳裏に浮かぶ。義理の母の命日を言う前に、私の母の命日を

彼女は無視しているように感じた寂しさが心に宿る。

お墓に父は私の母の遺骨を数十年ぶりに抱いて納骨を終えた後、

母の名前を、結婚した時の名前で墓石に刻んだ時、父がどれほど

母を愛していたのかを知る事ができた。しかし、義理の母の名は

未だに刻まれていない。ある日、何故名前を墓石に入れないの?と

父に訊くと、義理の母の遺骨は義理の母の実家のお墓の傍に

いずれ移すと答えた。父にとっては其れが男の責任という

思いだったのだろう。その父も思いかなわず、天に祝福される

のが近くなった。老いていく姿は私は見たくはないのだけど。

 

人は生まれた時から死に向かって生かされるのだから、仕方ない

と心では理解してても、親の死は子供にとっては辛い別れです。

誰でも経験する別れですね。♥

 

 

御予約・お問い合わせ

御予約は御予約専用ダイヤルを御利用ください。
080-1739-0331
※スカイプでの相談を御希望の方は、御予約の際にIDをお知らせいたします。

予約受付時間:10:00~19:00

また御質問などは、お問い合わせフォームからも承っております。
お電話で御予約をいただいた方のみ、
お問い合わせ可能です。

お問い合わせフォーム